お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

イビザライン

取り外し可能なマウスピースを装着する目立たない矯正歯科治療

インビザライン(マウスピース矯正)とは

インビザラインは、金属製のワイヤーを装着する従来の治療法とは異なり、透明で目立たないアライナー(マウスピース)を使用する、アメリカ発の新しい治療法です。お一人お一人の患者様に合わせて製作されたマウスピースを定期的に付け替えていくことで、歯並びの治療を行っていきます。
全世界で210万人以上患者さんの治療に使用され、世界中でその効果が認められています。3D治療計画ソフトで、最初の状態から治療完了に至るまでの歯の移動を、コンピューター上で画像および動画として確認することができます。
仙台でインビザラインでの治療をご希望の方はご相談下さい。

イビザライン 仙台の歯科で治療可能
イビザライン

イビザラインのメリット

透明で目立ちません
インビザラインは、透明なのでほとんど見えません。
歯を矯正していることに気づかれることなく、治療を進めることができます。

食べたいものが食べられる
ワイヤーの装置だと葉物野菜は装置に絡みやすく、またガムのような粘着性のあるものはくっつきやすい為、食事のときのわずらわしさがあるかと思います。
インビザラインの場合は取り外しが可能ですので、普段と変わらず食事を楽しむことがでます。

装置自体に慣れやすい
インビザラインは、金属製のワイヤー等を使用しないため、装置自体の違和感がほとんどなく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。

金属アレルギーの方も安心です
ワイヤーを装着する矯正法は金属を用いていましたが、インビザラインは金属を一切使用しないため、金属アレルギーの方に最適です。

イビザラインのデメリット

患者さんの協力が不可欠
マウスピースを使用しないと歯が動かないので、必ず指示された通りにマウスピースを装着する必要があります。途中でやめてしまうと、またはじめからやり直しになってしまいます。
面倒くさがりの方や、マウスピースを付けるのを嫌がるお子様などは、ワイヤーによる装置をお勧めします。

適応ケースに制限がある
従来から行われているワイヤーによる矯正治療よりも歯の移動に制限があるがあるので、歯を大きく移動するケースや、凸凹歯がきつくて抜歯しなくてはいけないケースではインビザラインによる治療に適していない場合があります。

透治療期間が長くなる
ワイヤーによる矯正治療よりも歯を動かす行程が複雑になるので、治療期間が長くなる傾向にあります。
目安としてはワイヤーによる矯正治療の1.5~2倍の治療期間がかかります。