お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)とは、いわゆる「すきっ歯」とも呼ばれる状態で、歯と歯の間にスペースがある歯並びのことです。
前歯が開いている正中離開(せいちゅうりかい)もこれに含まれます。

CASE-1 20代女性 空隙歯列に部分矯正を行ったケース

主訴と問題点:すきっ歯、中切歯間の空隙

中切歯間の空隙のために上顎切歯4本と大臼歯に部分矯正を適応し治療しました。治療期間は3ヶ月。術後は再度隙間ができないように裏から細いワイヤーで固定します(保定)。

【治療費用の目安】 10万円〜20万円
※治療費用は症状により異なります。

【矯正治療のリスク・副作用について】
正中離開は術後の後戻り発生しやすいため、長期間の保定が必要である事を説明し治療を行いました。

before

正面
右
左
正面下から
上
下

after

正面
右
左
正面下から
上
下

CASE-2 20代女性 空隙歯列に部分矯正を行ったケース

主訴と問題点:すきっ歯、中切歯間の空隙、下顎Eの残存、後続永久歯欠損

下顎Eの残存、下顎5と上顎7番の先天性欠損が認められたため、上の歯列の隙間を閉鎖すると共に下顎Eの抜歯と同部のスペース閉鎖を行うこととしました。矯正治療にはマルチブラケット装置を用い下顎大臼歯の近心移動のため矯正用アンカースクリューを併用しました。

【治療費用の目安】 60万円〜80万円
※治療費用は症状により異なります。

【矯正治療のリスク・副作用について】
下顎大臼歯の近心移動量が非常に大きかったため、歯根吸収、不動となった場合は補綴によるリカバリーの可能性があること、正中離開は術後の後戻り発生しやすいため、長期間の保定が必要である事を説明し治療を行いました。

before

正面
右
左
側面
上

after

正面
右
左
側面
上
  1. 治療例ページへ戻る