お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)とは、上顎と下顎の両方が前に突き出ている歯並びのことで、外見上も口元が出ているように見えます。

CASE-1 20代女性 八重歯を伴う上下顎前突症を歯を抜かずに歯を後ろに移動して治療を行ったケース

主訴と問題点:前歯が噛み合わない、出っ歯、前歯部叢生、非抜歯希望
上下顎前歯部が唇側傾斜を伴いながら前方に突出していましたが、非抜歯矯正希望だったため上下左右の臼歯部にプレート型アンカーを使用して歯を後方に移動し上下顎の治療を行いました。治療期間は2年半でした。

【治療費用の目安】 90万円〜110万円
※治療費用は症状により異なります。

【矯正治療のリスク・副作用について】
左側上顎犬歯は唇側低位転位があり矯正治療により歯肉退縮のリスクが有ることを事前に説明しました。プレート型アンカーはときに重篤な感染症のリスクがあるため、感染防止対策として同部のブラッシング、薬液洗浄が欠かせないことと、化膿性炎症発生の際は必ず来院し消炎の必要性がある事を説明し治療を行いました。

before

正面
右
左
正面下から
上
下

after

正面
右
左
正面下から
上
下

CASE-2 20代女性 上下顎前突に舌側矯正を行ったケース

主訴と問題点:口元の突出感、上の前歯のねじれ、口唇閉鎖不全

診断の結果、上下顎骨がやや前方位で上下顎前歯部が唇側傾斜認められたため、小臼歯抜歯による矯正治療を行いました。治療期間は2年でした。

【治療費用の目安】 80万円〜100万円
※治療費用は症状により異なります。

【矯正治療のリスク・副作用について】
口元の突出感の改善のために矯正用アンカースクリューが必要になる可能性があることを説明し治療を行いました。

before

正面
右
左
側面
上
下
表情

after

正面
右
左
側面
上
下
表情
  1. 治療例ページへ戻る