お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)とは歯が凸凹に生えている状態の歯並びをで、「乱杭歯(らんぐいし)」とか「八重歯(やえば)」といったりもします。

CASE-1 仙台市在住の20代成人女性 叢生の矯正治療例

問題点:八重歯、正中線のずれ(笑ったときに上の前歯が右にずれている)、口元が出ている。

上下顎の小臼歯の便宜抜歯により得られたスペースを利用して八重歯を治すと共に、正中線の補正によるスマイルラインの改善を行いました。前歯の位置を後方に移動し、口唇の突出感が無くなりました。
このように歯並びだけ良くするのではなく、口唇がエステティックラインより後方に収まることや正中線が上下で合うことも含め矯正治療のゴールを設定していきます。

before

正面
右
左
上
下
横顔
表情
エステティックライン

after

正面
右
左
上
下
横顔
表情
エステティックライン

CASE-1 仙台市在住の30代成人女性 叢生の矯正治療例

問題点:重度叢生、歯磨きが出来ない、銀歯による審美不良、虫歯

歯槽基底骨(歯を支える骨)に歯が収まりきらない状態の重度の凸凹歯で、歯を綺麗に配列するためのスペース確保に、便宜抜歯が必要なケースでした。通常小臼歯の抜歯が適応になりますが、大きな被せ物(銀歯)している大臼歯(右上7番)に根尖病巣(歯の根の病気)があったので、同部はこの状態の良くない歯を抜歯し、前方の歯を後ろに移動してスペースを確保しました。見えたり目立ったりする銀歯は矯正治療前にセラミックなどで治しました。
このような重度叢生のケースでも成人からの矯正で十分治すことができます。

before

正面
右
左
正面-2
上
下

after

正面
右
左
正面-2
上
下
  1. 治療例ページへ戻る