お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

症状別治療例

矯正歯科治療の症状別の治療例です。
ご自身の症状と照らし合わせて参考にして下さい。

叢生(そうせい)

叢生

叢生(そうせい)とは、歯が凸凹に生えている状態の歯並びで、「乱杭歯(らんぐいし)」とか「八重歯(やえば)」といったりもします。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、咬み合わせた時、上の前歯が下の前歯より大きく前に出ている歯並びのことで、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる状態です。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突

下顎前突(かがくぜんとつ)とは、咬み合わせた時、下の前歯が上の前歯より前に出ている歯並びのことで、「受け口」がこれにあたります。

開咬(かいこう)

開咬

開咬(かいこう)とは、咬んだとき、奥歯だけがあたって、前歯が咬んでいない状態になっている歯並びをいいます。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)とは、上顎と下顎の両方が前に突き出ている歯並びのことで、外見上も口元が出ているように見えます。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列

空隙歯列(くうげきしれつ)とは、いわゆる「すきっ歯」とも呼ばれる状態で、歯と歯の間にスペースがある歯並びのことです。前歯が開いている正中離開(せいちゅうりかい)もこれに含まれます。