お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

症状別治療例

矯正歯科治療の症状別の治療例です。
ご自身の症状と照らし合わせて参考にして下さい。

叢生(そうせい)

叢生

叢生(そうせい)とは、歯が凸凹に生えている状態の歯並びで、「乱杭歯(らんぐいし)」とか「八重歯(やえば)」といったりもします。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、咬み合わせた時、上の前歯が下の前歯より大きく前に出ている歯並びのことで、いわゆる「出っ歯」と呼ばれる状態です。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突

下顎前突(かがくぜんとつ)とは、咬み合わせた時、下の前歯が上の前歯より前に出ている歯並びのことで、「受け口」がこれにあたります。

開咬(かいこう)

開咬

開咬(かいこう)とは、咬んだとき、奥歯だけがあたって、前歯が咬んでいない状態になっている歯並びをいいます。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)とは、上顎と下顎の両方が前に突き出ている歯並びのことで、外見上も口元が出ているように見えます。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列

空隙歯列(くうげきしれつ)とは、いわゆる「すきっ歯」とも呼ばれる状態で、歯と歯の間にスペースがある歯並びのことです。前歯が開いている正中離開(せいちゅうりかい)もこれに含まれます。

矯正治療の一般的リスク・副作用について

矯正治療中の痛み

調整を行ったあと、数日程度咬むと痛いと感じるようになります。痛みが強い時期は鎮痛剤を処方する場合があります。また、慣れるまで装置装着による不快感が伴いますが、1か月ほどで慣れる場合が多い様です。

口内炎

矯正装置により口内炎が発生したりすることがあります。その場合塗り薬を処方する場合があります。

むし歯・歯肉炎・歯周病

矯正期間中は装置により歯磨きしにくい部位ができるのでむし歯や歯肉炎・歯周病になるリスクが高くなります。ブラッシングを毎日丁寧に行う必要があり、定期的なメンテナンス、補助的な清掃用具など使用しっかりとしたケアが必要です。

発音障害

矯正装置により話しにくくなる場合があります。特に、内側に装置が入る場合は、滑舌が悪くなり一時的に発音しにくくなる音がありますが、1か月ほどで慣れる場合が多い様です。

歯根吸収

矯正歯科治療により歯の根が短くなることがあります。治療前の歯根の状態、骨の状態、年齢、体質、矯正力の強さや移動距離の量などが原因として挙げられます。程度が大きい場合治療を中止する場合があります。

歯髄充血壊死

矯正歯科治療による歯の移動により、歯髄が充血、壊死し、歯の変色が生じることがあります。その場合根管治療が必要になる場合があります。

歯肉退縮・ブラックトライアングル

矯正歯科治療による歯の移動により歯肉が下がることがあります。特に歯周病のある方はリスクが高くなります。また、治療により歯が綺麗に並んでくると歯と歯の歯肉に三角形の隙間(ブラックトライアングル)が生じることがあります。

知覚過敏

歯の移動により冷たいものが凍みる症状が出ることがあります。一時的なことが多いですが、症状が強い場合は歯の移動を休止し、知覚過敏の治療を行うことがあります。

顎関節症

矯正治療中に「顎が痛い、口が大きく開けられない」などの顎関節症の症状が出ることがあります。

後戻り

矯正治療(動的治療)が終了したあと何もしないと後戻りが発生します。そのため良い歯並び・咬み合わせの維持するために保定装置の使用が必要になります。保定装置をしないと歯並び・咬み合わせが崩れる可能性があります。

抜歯後の副反応

抜歯後、痛み、腫れ、出血、などが出る事があります。

治療期間

様々な問題により、当初予定した治療計画を変更したり治療期間が伸びる場合があります。