お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

50代 ハーフリンガル症例

Y.Mさん

This is my trial

矯正治療を始めたのが、2009年10月。それからきっかり1年半年後の2011年3月、私の矯正治療生活は一応の終了を見ました。50歳でスタート、4月には52歳になる私のtrial(試み、厄介)でした。

きっかけは「今年50歳の方、歯周病その他の歯のチェック、無料」という仙台市からのお知らせ。住まいが五橋ということもあり、一番近い歯科を同封の案内で探したら五橋デンタルクリニックでした。そう言えばビルの下に看板が出ていると思い、7月に検診に行きその流れで「矯正しませんか」「そうですね、しますか」ということになりました。若い頃から噛み合わせや歯並びは気にはなっていましたが、それでも気に病む程でもなく、人生の忙しさに紛れて50歳まで来ていました。治療をするとなればお金も時間もかかると思いましたが、先生からの何気ないお誘いに「そうだなぁ、やってみるか……」という気持ちになりました。そんなに悩まずに済んだのは、50歳という年齢のせいかもしれません。50歳が、もう50なのか、まだ50なのか、人によって考え方は違うかもしれませんが、「ま、変われるなら、ちょっと頑張ってみようかな」と、80歳になった頃の自分を想像しながら、顔つきも少しは変化するであろう自分を楽しみにすることにしたのです。

でも、試みは、厄介でもあります。それまで自然の広さだった口腔が狭められる苦痛、ものがすんなり食べられない悲しさ、うまく喋れないもどかしさ――。振り返ると、そんな期間はそれほど長くはなかったかなと思えるのですが、慣れない、というのは困りもの。とにかく先の楽しみを眼前の灯火にしながら我慢したという感じです。それでも、人は環境に慣れるもの。生きるために人は適応していくことも改めて実感しました。

何かの規制と共に生活するというとちょっとオーバーかもしれませんが、矯正治療というのはやはり精神的にもナーバスになるところが多いと思います。それでも元気に通うことができたのは、佐藤先生が信頼のおける先生であり、スタッフの皆さんの笑顔や適切な指導があったからだと感謝しています。歯が確実に動いているのがわかりましたし、今後の見通しにも希望が持てました。患者にとってクリニックの雰囲気は重要ですが、私にとっては五橋クリニックは話もしやすく、居心地の良い場所でした。

若い人だけなく、40代以降でも矯正治療をする人が多いと聞きます。私もその一人だったわけですが、中高年と言われる年代層は経済的にも時間的にも、若い頃より余裕のある人が多いのかもしれません。自分への投資という点では、矯正に限らず自分の歯を見直す、悪いところは治療するというのは大事なことだと感じています。

これから新しい歯並びで、噛み合わせで、食べ物も人生も、より美味しく味わいたいと思っています。ありがとうございました。

治療前

正面
左
右
上
下

治療中

正面
左
右
上
下

治療後

正面
左
右
上
下